2008年12月30日

Epo「KAWI 唄の谷」

mixi Musicで『百年の孤独』を聴いて、感銘。このアルバムを思わず買ってしまいました。

Epoは1980年、シュガーベイヴのカバー「Downtown」でデビュー。
その後、化粧品のタイアップ曲「う、ふ、ふ、ふ」でスマッシュヒットを飛ばすなど、80年代はポップ路線でアイドル路線の竹内まりあに近い扱われ方で、順調に活動期間を伸ばしていました。

しかし、本人には、この位置、非常にストレスが溜まる部分もあったようで、1990年代に入ると、自分の活動に疑問を持つようになります。

「矛盾の中で生きている」や「母の言い分」など、リアルな歌詞の曲も増えていきます。

矛盾を感じ始めた時期に出たアルバム『Super Natural』

(現在制作中です。しばらくお待ちください)


posted by カミガタ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

Cal Tjader『Sounds Out Burt Bacharach』(1969)

mixi musicでWalter Wanderley聴いてると、関連でこのアーティストが。



ほんと、これはマジやばいって。
ヴァイヴ奏者Cal Tjaderのバカラックカバー。
ヴァイヴとドラムとフェンダー・ローズの絶妙なハーモニー。
バカラックものは、現在でも特に日本では人気が高いですが、40年近く前のアルバムなのに、全然色あせません!
説明不要。
posted by カミガタ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ・フュージョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。